スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『虐殺器官』(74点/100点満点中)

 『君の名は。』より『虐殺器官』の方が、遥かに切ない。名前などぶっちゃけどうでもいいのである。
 褒められて育てられた人は褒めて育てる人になるし、本を読まない大人が本を読めと言っても本を読む子供が育つはずがない。怒られて育った人は、他人の自己肯定を徹底的に阻んでいく方針で人生を歩む。
 社会的再生産論であるが、本作はその手前の言語的再生産論である。
 与えられた言葉が行動を規定する。その文法こそが神である。当人が文法を規定しているのではない。文法が人を操っているのであれば、新文法をひとつそれとなく生成すれば世界の各人の自由意思を簒奪の上で、その趨勢を思った通りに再編集できないか。そんな微風のように大胆繊細な仮定を、地球全土を血塗れにして描いたのが本作である。まさにあんなことやこんなことをされて人生を虐げられてきた日本のオタクにとっては、コードで世界を書き換えるという夢がありまくる設定だ。そのバイブスは『ソーシャル・ネットワーク』的でもあり、そのバイブスをアゲた感じは『キングスマン』の悪役的なノリである。
 虐殺を命じる虐殺文法を生成し、各地で内戦紛争を引き起こす天才的な言語学者兼テロリストと、要人暗殺専門部隊の主人公との戦いが描かれる。原作を一切知らなくても、本作は立派なSF映画・戦争映画として楽しめる。なにせ、一つの会社が本作の制作過程で倒産申請を出したのである。贅沢である。
 映画館の観客の95パーセントが3D映画でもないのに眼鏡を着用していた。公開タイミングもこれ以上ないくらいドンピシャ。めっちゃテロの香りがする今日この頃だ。期待のR-15だけあって血の飛び方や人体欠損・子供殺戮シーンなど、『キル・ビルvol.1』のオーレン・石井の生い立ちシーンを彷彿とさせる。あぁ、久し振りにちゃんとグロテスクな映画を見たなという感じ。かと言ってその暴力は全然爽快じゃない感じ、ちゃんとザラついた感じなので、教育映画の風情すら漂う。
 ほぼ全シーンノンストップでものすごい量の単語が詰まった会話がものすごい速さで展開する。えーっと、えーっと、あ、うん、なるほど、あーなるほどそういうことを言っているのね、というアハ感覚も新鮮であり、一冊分の本を読んだ気にもなれる。登場人物がなにをしているか一見わからないが、そのちょっと後に分かってくる展開がめちゃくちゃ入っている点、『オーシャンズ12』のような厄介さも、ファンにはたまらないのかもしれない。
 気に食わないとすれば、悪役もかなりの優等生的な動機で動いており、やはり純然たる悪ではないということである。虐殺を引き起こすその訴因も『銃・病原菌・鉄』的なことで、原作が十年前というせいもあるが、もうその後のSFはそういうものばっかりだったわけで、いまさら眼を見張るものがない。が、それ以外の魅力がちゃんとある。イルカも出てくるのでこの点数である。
スポンサーサイト

Profile

F

Author:F
Mail:gokushitekimovie@gmail.com

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。