FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヒメアノ~ル』(60点/100点満点中)

 映画の最後に映画のタイトルコールを入れてくる映画には傑作が多い。『ゼログラビティ』なんかがそうである。
 しかし本作は、洋画も邦画も恐らくやったことのないタイミングで劇中にタイトルコールを入れてくる。上映時間が中盤に差し掛かったタイミングで、いきなりそれまでのラブリーで平和でコミカルな展開が終わりを告げる。そしてタイトルコールが入って以降、雰囲気は百八十度暗転し、ラブリーな脇役の物語から、それらを皆殺しにしようとする凶暴な主人公へと物語が移行してしまうのだ。
 その型破り度は、演出だけにとどまらない。
 殺人鬼を取り扱った邦画の近似作品では『殺し屋1』や『隣人13号』が極めて異質で上質なサイコキラーの物語だが、それでもその怨恨や欲望の背後にはなにかしらの理由を抱えたいたのだが、この映画のサイコキラーは「あー焼肉食いてえ」のような軽さで人を殺す。殺す。殺しまくる。そこにはなんの計画性もない。
 その殺人鬼をジャニーズが演じた事件性は極めて高い。ジャニーズはどうしてサイコキラーを演じさせるとあんなに光り輝く人が多いのだろう。
 この映画では学校でいじめられながら自慰行為に耽って絶頂しそうになっている史上初のジャニーズが見られる。人を殺すジャニーズはまだ前例があるが、それでも口を開けば社会への諦観を平然と語り尽くし、旧知の友人相手に「お前にも俺にも未来なんてねえよ」と半笑いで言い放つ、前歯が欠けたかのようにどこか知性も希望もなにもかもが欠落した怖さを出せるのは、どことなく軽い主演のイメージにぴったりだった。

 ムロツヨシも気色悪い。濱田岳も気色悪い。
 しかしそれらを足し合わせても主演のジャニーズの気色悪さが圧倒する。
 近似値のサイコパス邦画と比較すると、それでもまだ痛さの訴求はR15級でグロテスクではない。良心的である。
スポンサーサイト

Profile

F

Author:F
Mail:gokushitekimovie@gmail.com

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。