スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジェイソン・ボーン』(10点/100点満点中)

 ジェイソン・ボーンにジェイソン・ステイサムは関係ないしそもそもジェイソン・ステイサムは出演すらしない。しかしこの映画に言及するにあたってはジェイソン・ステイサムの天才性にやはり触れざるをえない。ジェイソン・ステイサムといえばジェイソン・ステイサムでしかないが、それがどんなに重要なことか本作を見て思い知らされた。

 ジェイソン・ステイサムは最初から誰に何を見せたいか明確にしている。そしてそれを愚直に繰り返し続けたのである。劇中、人を殴ったり蹴ったりはするものの、彼は殴られたり蹴られたりすることはほぼない。

 そんなことはスティーヴン・セガールがとっくにやり尽くした。
 しかしあえて今日も彼はやるのである。楽しそうにやるのである。これしかないと言わんばかりにやるのである。自分探しだなんてなまぬるいことをジェイソン・ステイサムは最初からしない。いまこの瞬間相手にとって恐怖される彼そのものが彼なのである。
 同じことを続けるのがいかに大変か、そしてその伝統を先代から引き継ぐということがいかに新しいかを、我々はジェイソン・ステイサムに見るのである。

 で、結論から言うと『ジェイソン・ボーン』はつまらない。
 ジェイソン・ステイサムの人生の方が、余程ジェイソン・ボーン的である。


 冗談抜きのスパイ映画としては初期作の出来が図抜けている。単なる洋書やボールペンが武器になるという驚きがあった。が、今回は時代背景を鑑みてか、ほとんどの事件が現場ではなくサイバー上で行われる。しかしサイバー上でなんでもできる、ということはもう別にアクション映画に言われなくても知っとるのである。
 従来通りマット・デイモンは悲しい時も嬉しい時もハムスターのような真顔で貫く。長い長い自分探しもそろそろ終わりを迎えようとしている。であるからして楽しむべきは肉体と肉体のぶつかり合いかと思いきや、今回そんなものはほとんどない。せいぜいオッサンとオッサンが知的に殴り合う場面がごく稀に挟まれる。
 ただそのオッサンはみなセクシーだ。
 ボーンに恨みを持つ政府下の殺し屋にヴァンサン・カッセル、狡猾なCIA長官はトミー・リー・ジョーンズで、見るからにエロくて渋い男が冷酷に仕事に邁進していく姿は確かに良い。だが、もうそれだけである。

 派手なアクションなのに、アクションが九十年代のそれで、これまで何度もどこかで見たのに、なぜいまこれをこれだけの金をかけて作ろうとするのか理解に苦しんだ。ギリシャの暴動の最中、火炎瓶が飛び交う前半の街は最高だが、それ以降は特に驚きのないシークエンスが続く。至って退屈である。まるでジェイソン・ステイサムの映画のようである。しかし、ジェイソン・ボーンより、現実のジェイソン・ステイサムの方に何十倍の誠意と狂気を、この秋静かに私は感じたのである。
スポンサーサイト

Profile

F

Author:F
Mail:gokushitekimovie@gmail.com

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。