スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本で一番悪い奴ら』(70点/100点満点中)

 一番純粋なやつが、一番危険である。たとえば牛丼屋の牛丼はなぜ安いのか。めちゃくちゃ美味しいと思ったものをめちゃくちゃ安くめちゃくちゃ多くの人に食べさせられないかという戦後世代の起業家の燃え滾るような理想がそこにあったからだ。だからそのささやかな幸福に奉仕する者の給料も、休憩時間も、ささやかで然るべきだという考えは、まだこの国のどこかにある。
 だからいつまでも若者には金がない。しかし情熱はある。その情熱が良い方向に向くか、悪い方向に向くか、その良悪が本人にはわかっていない場合どうなるか。
 猛烈な成果主義・結果主義・効率主義が、その過程もそれに身をささげる本人すらも破壊しつくしてしまう逆転は、悲惨なのに、どこかいつの時代も面白い。地獄への道は善意で舗装されているのだ。
 柔道しか取り柄のない諸星要一(綾野剛)は北海道警察に入り刑事となる。名前に一が付き、名前に星も付くこの主人公は、もちろん一番の刑事になりたい。どこからどう見えてもジャイアニズムを感じる先輩の悪徳刑事は彼に言う。「真面目に仕事するより、現場でS(スパイ)を作って点数稼げ」。このアドバイスをもとに、名刺を作り、諸星はヤバそうな場所に飛び込み営業をしていくのだが....。
 アッパーからダウナーまで振れ幅が広すぎる綾野剛がアッパーなものをキメてアッパーに現場に入り捜査令状もなく被疑者を殴り倒しさらなる犯罪の証拠を押さえようとする最初のシークエンスは非常にコミカル。嘘のようだがすべて実話らしい。サラリーマンには売上月次ノルマがあるようにこの狂気の巡査にもノルマが課される。今月は七百万の売上を確保しなければならない、といった風に、今月は拳銃をあと十丁は押収しましょう、といった意味不明な上司の通達は、しかし劇中意味不明に見えなくなるほど常態となっており、その命令に従って拳銃をロシアから暴力団を通して主人公は購入し警察へと納めるのである。彼の評価は上がる。立派な警察になってやると言いながら風俗嬢との騎乗位に耽るシーンでは映画館では爆笑が起こった。
 クスリ、セックス、拳銃、金、クスリ、セックス、拳銃、金、という永劫回帰に陥った綾野剛は元から狂っていたものの、とうとう人間に戻れなくなっていく。その過程は大変楽しい。
 警察内部がまったく通常の会社と変わらないとしたならば、この少年のような主人公は、おそらく警察ではなくどこの企業に行ってもおそらくそこで最大の成果を残したはずである。しかし一番仕事ができる奴が一番サイコパスに近いのもまた事実である。そして頭の狂っている奴は、自分が狂っているとはちっとも思っていない。だからこそ狂っていて、かわいいのである。
スポンサーサイト

Profile

F

Author:F
Mail:gokushitekimovie@gmail.com

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。