スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドント・ブリーズ』(79点/100点満点中)

 今年は『イット・フォローズ』以降『アイ・アム・ア・ヒーロー』が抜群の出来過ぎて、『貞子 vs. 伽倻子』に至っては喜劇、もはやホラー映画の傑作は国産物で終了かと思いきや、数十年に一度の傑作として鳴り物入りで年末に登場したのが本作である。
 経済的事情で強盗を辞めようにも辞められない主人公の女の子と男二人は、ぺんぺん草しか生えてないような地元のデトロイトからの脱出を賭け、最後の山場として盲目の退役軍人が住む郊外の一軒家を狙うことにする。しかし、その退役軍人がその上腕二頭筋や生涯計画含め、『エクスペンダブルズ』か『グラン・トリノ』のイーストウッド並みに血の気の多い、ピュアでヤバい奴だったという話だ。
 襲う側だった筈の者が襲われる側に、そうして襲い返そうとしてもまた襲われ、お部屋の隅っこに追い込まれていく、強盗在宅家訪問劇史上シャレにならない最悪の鬼ごっこが一軒家で繰り広げられる。叫んでも半径四キロには誰も住んでいない。窓ガラスには鉄柵、玄関も裏玄関も錠で締め切られている。その閉鎖空間展開は『テキサスチェーンソー』より早く、『ホームアローン』よりクリティカル、『REC』シリーズより大胆繊細で派手である。開こうとした扉を、老人が向こう側から開けて、銃を持った老人はまだこちらに気付いていない、そして、そこから動くことができませんというシーンは、笑いがこみ上げてくるほど痛快だった。
 息すんなよ、というタイトル通り、劇場ではくしゃみも咳もできないくらいの緊張感がぶっ通しで続く。音がひとつも出ないシーンでは耳鳴りを覚えるほどである。映画館とこれほど相性の良いシークエンスはないのではないか。
 天涯孤独で孤独死まっしぐら。食料調達も覚束ないはずの老人がなぜ自死を選ばず、なにを希望に生きてきたのか、およそこの映画がホラーたる由縁の核心が最後に明かされる。全女性が生理的恐怖を免れないような使い方でスポイトが活躍するのだが、その新しさも評価しなければならないだろう。
 無音の恐怖という表現の可能性をもっと見たくなる。映画を観終わった後はあーだこーだ言い合う気力も奪われ、スポイトのことで頭が一杯になるだろう。
スポンサーサイト

Profile

F

Author:F
Mail:gokushitekimovie@gmail.com

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。